ワイヤレスでもギターサウンドに妥協しない!音重視のワイヤレスシステムへ!!

「便利だけど、音悪いんでしょ?」

ワイヤレスに対してこうお考えのギタリストも多いはず。

なんだかシールドよりもスカスカな感じの音。
しかもシールドよりも選択肢が少ないワイヤレス。
気軽に好みの音色を探すのは難しいのが現状です。

そんな気になるワイヤレスサウンドのスカスカ感。
実は解消できるエフェクターがあるんです。

それがRadial DRAGSTER

ワイヤレスにより失われた音を補正する。
便利なのに電池がいらないパッシブ仕様。
ノブ一つの簡単操作。

とても便利なワイヤレス。
音を理由に躊躇するなんてもったいない!

デジタルアンプの強い味方!ライブのお供にオススメのワイヤレスシステム

今回はそんなワイヤレスシステムをグレードアップさせる救世主。
DRAGSTERのご紹介です。

お役に立てれば幸いです。

失われた音を補正

「便利なのはわかるけど音が気に入らない」

頑固親父の画像

なんだかくぐもってたりスカスカだったり。
音を理由にワイヤレスの導入に踏み切れないかたも多いのではないでしょうか?

そんなワイヤレス最大の弱点を解消してくれるのがDRAGSTER。

使い方はとってもカンタン!
ワイヤレスの子機の前にセット。
ノブも一つしかないので操作も簡単です。

接続順の画像

後は好みになるようダイヤル調整するだけ。

ダイヤル位置
手軽に「失われた音」を取りもどせます。

音を比較

それでは気になる音を比較!
ヘッドホンでの比較されたほうがわかりやすいと思います。

今回はひずみのバッキングフレーズで音色を比較してみました。
まずはワイヤレスだけの状態。

DRAGSTERをLESS側にまわしきった状態。

音のスカスカ感が見事に解消!
音に厚みが戻ってます!

DRAGSTERをMORE側にまわしきった状態。

厚ぼったくなりすぎの音。
正直やりすぎ感があります。

操作じたいは簡単なDRAGSTER。
お好みの位置へ調整してお使いください。

電池が不要

どれだけ音が良くってもライブで使えない。
それでは意味がありません。

接続順的にライブ中に携帯することになるDRAGSTER。
軽い方がもちろん便利。
DRAGSTERは電池不要で動作します。

背面の画像

徹底的にギタリスト目線!
ライブでのワイヤレスシステムに導入しやすくなっています。

まとめ

ギターのワイヤレスシステムをワンランクアップさせる秘密兵器。
Radial DRAGSTERのご紹介でした。

ワイヤレスをお使いで音に不満のある方。
音を理由にワイヤレスをためらっている方にオススメです。

導入してつないでみるだけで効果が実感できると思います。

DRAGSTERを導入して完成されたワイヤレスシステム。
ぜひ体感してみてください。

ではでは。

デジタルアンプの強い味方!ライブのお供にオススメのワイヤレスシステム

kemperやfractal。
エフェクターまで内蔵されている便利なデジタルアンプたち。

「ライブでもkemperと切り替えのスイッチだけあれば十分」

そんなギタリストにオススメしたいのがラック型のワイヤレスシステム

ラック型なのでデジタルアンプと同じラックに入れて持ち運べる。
ワイヤレスなので距離による劣化がない。
ステージ上でストレスのない演奏ができる。

今回はそんなメリットだらけ。
ライブの強い味方のラック型ワイヤレスシステム。
EX-ProのPRO-10B をご紹介します。

お役に立てれば幸いです。

デジタルアンプのお供

音作りに必要なものが凝縮されている便利なデジタルアンプ。

「おかげでエフェクターボードは必要なくなった」
そういった方も多いはずです。

それならペダル型のワイヤレスは必要ありません。

ラック式ならデジタルアンプと同じラックで運べます。
ケーブルを結線した状態で。

わざわざシールドをつなぐよりセッティングの手間が減らせます。

距離による劣化がない

「ライブなんだから派手に動き回りたい!」

じーっと指板を覗き込んで突っ立てるだけの演奏はつまらないですよね?
ステージ上で動き回るために長いシールドを使う。
そんなときはバッファーを使うという手段もあります。

宅録ギタリストの僕がバッファーを使う理由

でももっとスマートなのがワイヤレス!
無線なら距離による劣化がありません

ワイヤレス子機の画像

ワイヤレスがあれば邪魔なシールドとはオサラバです!

それでも音に不安がある方はこちらのエフェクターがオススメ!

ワイヤレスでもギターサウンドに妥協しない!音重視のワイヤレスシステムへ!!

ステージ上でストレスフリー

シールドから開放されるメリットは距離だけではありません。

足元に張り巡らされたシールドという地雷を撤去できます。

シールド

ギターの微弱な信号を伝えるシールドケーブルはとってもデリケート。
靴で踏ん付けるとものすごくダメージを受けます。

「真剣に演奏している最中に足下まで注意するなんて無理!」
僕はそう思います。

またシールドに足を取られたとき、プラグが抜ける心配もあります。

ワイヤレスを導入すればそんなストレスからも開放されます。

まとめ

ラック式のデジタルアンプと好相性のラック式ワイヤレスシステム。

技術の進歩でペダル式のワイヤレスシステムもずいぶんと高性能になりました。
しかしデジタルアンプが発達した今。
ラック式のメリットもまだまだあります。

アンプもエフェクターもキャビネットシミュレーターも一台に。
そんなデジタルアンプとワイヤレスでつないだ音を家でつくる。

イメージ通りの音でどこへでもいけます。

バンドのイラスト

デジタルアンプの強い味方。
ラック式ワイヤレスシステムでストレスフリーな演奏を楽しんでください!

ではでは。